スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカデミー反省会場3

1,2の記事は酔って書いたのでところどころ修正しています。
ロストカードのミロのヴィーナス、ひすいの仮面、孔雀の胸飾り、アロテアロア、クペの木やり、古代の岩絵
全て回収終わりました^^^^^^コロス


では続きです。
両方とも30枚200ptのデッキなのですがコンボ数や有効コンボは相手のほうが多いです。
相手17コンボ、私16コンボ。有効コンボ数だと相手16コンボ私14コンボとなります。
(相手のパパラチア-孔雀の胸飾りコンボをスエズージェッダコンボではじき返したのですが稀すぎて有効とは認められないでしょう)

私が考えていたこのデッキの利点
1.1ptカードが複数枚あるため捨てゲームをつくりやすい
2.コンボ同時打ちの場合にこちらのほうがパワーがある
3.お互いコンボ不発の場合にこちらのほうが高ポイントを作りやすい

私は1,2の利点を重視して1枚目が低ポイントの場合は積極的に捨てゲームにしていました。
例えばこんな感じで1枚目がスリットドラムだった場合

スリットドラム(5)    妖精のささやき(9)古代の岩絵(10)ゴリアテの剣(9)タスマン海(5)スエズ(1)ピサ(1)

コンボにはならないので捨てゲームにしようと考えます。
スリットドラム(5)スエズ(1)ピサ(1)

でもこれ実は以下のカードだと相手のコンボ不成立の時は勝っている可能性が高いんです。
スリットドラム(5)妖精のささやき(9)古代の岩絵(10)

なぜなら相手の高ポイントカードは3枚2コンボ要因なのでコンボ不成立時には出てこない。
平均8ptなら勝てる可能性のほうが高いんです。むしろ積極的に力押しする場面です。

もっと端的に説明すると論戦は最大で30枚中21枚しか使えません。
残りの9枚は場に出せないんです。場に出せないカードの最小ポイントは以下のとおり
私のデッキ 1,1,1,1,3,5,5,5,6:28pt
相手のデッキ 2,3,3,4,4,4,5,5,5:35pt

1戦のポイント平均にすると私:24.5、相手:23.5です。
捨てゲームとして処理したゲームでも私が高ポイントを出していれば勝ってたゲームが多々ありました。
でも高ポイントのコンボに目がくらんでもったいないから・・・という理由で出さなかったんです・・・

持ち味は捨てカードの低ポイントによるコンボ不発時のカードポイントの高さだったにもかかわらず
その利点を理解しないまま戦っていればそりゃ負けます罠。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ukusutsu

Author:ukusutsu
大航海時代のプレイ日記です
boreas鯖で収奪を楽しんでいます

レアハント部員、レアハントフレ絶賛募集中!!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
60241位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
1149位
アクセスランキングを見る>>
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。